このページの先頭です

  • ホーム
  • 特集
  • 鹿児島ユナイテッドFC酒本選手激推し!大阪名物のマル秘レシピをスクープ

祝J2昇格!鹿児島ユナイテッドFCの選手をおもてなししたい!

2018年末の鹿児島の最高のニュースといえば、鹿児島ユナイテッドFCのJ2昇格。この快挙に盛り上がったくらしマップ編集部の「J2昇格をお祝いしたい!J2でも頑張ってと伝えたい!できればインタビューもしたい!」というお願いに、なんと選手が応えてくださいました!しかも選手のサイン入りグッズのプレゼント付き!必見です!

 

大阪からやってきた酒本選手と、お好み焼きでガチンコ勝負!?

ユナイテッドおもてなし企画第3弾、今回は今年から新加入し開幕戦でも大活躍の酒本 憲幸(さけもと・のりゆき)選手にお越しいただきました!16年在籍したセレッソ大阪では、J1・J2を舞台に第一線で活躍してきた、経験豊富な実力派です!

 

酒本選手、ようこそ鹿児島へ!!大阪のチームで長年ご活躍されてきた酒本選手をご招待させていただくのは、鹿児島のお好み焼きといえばここ!!お好み焼きの老舗〈お好み焼き・焼きそば 加茂川〉さんです!

大阪といえばお好み焼き(笑)。はい、大好きです。……なんか、歴史のありそうなお店ですね。

そうなんです。〈加茂川〉は創業70年。現在は3代目がお店を任されています。お好み焼きだけでなく、昔から焼きそばも有名なんですよ。鹿児島のお好み焼きと焼きそばだって、大阪に負けません!ぜひ鹿児島グルメの実力を堪能していってください!

 

関西弁のイントネーションで読んでね。酒本選手と“ユナトーク”!

鹿児島には以前にも試合でいらしたことがあるそうですが、改めて鹿児島の、そして鹿児島ユナイテッドFCの印象はいかがですか?

僕、地元が和歌山なんですが、僕が住んでいたところにちょっと似ていて、心地いいですね。海があって、後ろに山があって、気候も穏やか。ユナイテッドはフレンドリーで仲のいいチーム。

セレッソ大阪一筋16年のサッカー人生で、初めての移籍。不安や心配もありました?

もちろんです。何もかもが初めてですから。楽しみのほうが大きかったですけど、不安がないといったら嘘になる。これからめちゃくちゃ長くサッカーできるわけじゃないんで、「最後だ」という覚悟を持って来ましたし。だから、みんな僕らが溶け込みやすいように絡んできてくれて、すんなりサッカーに集中できたのは、ありがたかったですね。

酒本選手から見て、J2元年のユナイテッドはどうですか?

可能性のあるチームだと思います。鹿児島ユナイテッドがもっともっと大きいクラブになるには、J2で結果出すのは絶対。選手・クラブスタッフはもちろん、サポーターも12番目の選手として一丸となって戦えば、目標よりもっと上を目指していけるんじゃないかな。みなさんも楽しみながら、熱い応援をよろしくお願いいたします!

おっ焼きそばきた!めっちゃいい匂いする!!(鉄板がじゅ〜〜〜〜〜〜っ)いいにおい〜〜〜〜!あっ、結構麺細いんですね。大阪のは太かったから新鮮やな。

こちらの焼きそばは、“蒸し麺”を使うのが創業以来の伝統なんです。麺を炒める時に余分な水分を使わないので、ソースの味が麺にぎゅっと染みて……

うまそー!いただきます!!

めっっちゃうまい!!麺が細いんで、めちゃくちゃ食べやすいですよね。うん、ソースもうまい。全然濃くないしドロドロもしてないのに味がしっかり。ごはん食べたいっすね。

焼きそばにごはん!さすが大阪!?(笑)この記事ではじめて酒本選手に接する方、そしてそもそもサッカーやJリーグにこれまで馴染みのなかった方に向けて「俺のここを見てて!」というポイントを教えてください!

そうっすね……僕、利き足が右なんですけど、右足しか使わないので、そこに共感してもらえたら。

プロの選手って両足蹴れて当たり前だし、人より早く走れます、高くジャンプできます、という中で、僕は素人の方と一緒ぐらいの左足しか使えないので、ボールを蹴るのも奪いに行くのも全部右だけです(笑)

右足しか“使わない”?“使えない”?

使わない!!って言いたいんですけど、実際使えない(笑)。でもプロの世界で頑張ってるよと。「右足一本で頑張ってんねんな」とか「これで左足が使えたら……」「こういうサッカーもあるんや」とか、興味持ってもらえるきっかけになったらうれしいですね。

お好み焼きもうまそう!……あ、あとね、僕ピアノ弾けるんですよ。

それは意外な一面ですね!?

小学校6年間やってたので結構弾ける。当時はなんで男がピアノみたいな感じやったけど、大人になってから言ったら反応いいんで。ああこれは言っていこう、ギャップ狙っていこうと(笑)。披露する機会はないですけどね。

さて、お店一番人気の“加茂川焼き”もできあがりました!和牛スライス、貝柱、イカ、エビ、コーンの入ったデラックス版です!!あっ、ヘラでお好み焼きを食べるところを撮らせてください!

ヘラでいいんですか?関西では格子状に切ってヘラで食べますけど、これは関東・九州の切り方で放射状。切り方の違いは、ヘラで食べるかお箸で食べるかの違いなんですって。

へぇ〜そうなんですか!さすが酒本選手、お好み焼きに詳しい!

って、今お店の方に教えてもらったんです(笑)……でもあえてヘラで撮るんですね、わかりました(笑)うおー熱そ〜〜!!

うまい!はふっ!めっちゃうめぇ!!はふはふ!鹿児島のお好み焼き、やりますね!!!

ありがとうございます!気に入っていただけて鹿児島県民として嬉しいです!水は使わずに国産鶏ガラの出汁100%で仕上げているので生地の美味しさが違いますよね。山芋を使ってないのも、特徴なんです。

へ〜山芋入れなくてもこんなにふんわりに仕上がるんですね!?

混ぜ方にお店秘伝のコツがあるそうですよ。酒本選手はおうちでお好み焼きされますか?お好み焼きのコツとかあります?

めっちゃしますよ。コツですか〜僕は山芋を入れます(笑)。あと、お好み焼きそのものとは違いますけど……お好み焼き焼くと最後ちょっとボウルに粉やキャベツが残るじゃないですか。それに水加えて薄めて鉄板にパーーーっと流して焼くんです。あれば青のりと紅ショウガとかも加えて、もんじゃみたいにして、醤油で食べる。

おいしそう!!それって大阪で一般的なんですか?

いやいや、僕の親が東京出身なんです。最近のもんじゃっていろいろ具を入れて豪華ですけど、親の頃はほぼ生地だけ。子どもが駄菓子屋で買うようなもんだったそうです。それをおかんに教えてもらって。これがめっちゃいいアテになるんですよ〜。

 

酒本選手激推し!たこ焼きアレンジ“塩ちょぼ”を伝授!!

このソースもさっぱりめでどんどん食べられちゃいますね〜。ほんとにうまい。……そうそう、家ではたこ焼きもよく作るんですよ。子どもらも好きで、自分でひっくり返したりして。そこで僕がめちゃくちゃハマってるのがあって。僕らの間では“塩ちょぼ”って呼んでるんですけど。

ちょぼってなんですか。塩をちょぼっとつける?

ちょぼはマヨネーズっす!ソースはかけずにマヨネーズをかけて、塩をパパッと。これがね〜めちゃくちゃうまいんですよ!ほんと試してみて?

へ〜!!それは食べたことないのでぜひ試してみたいですね!!早速たこ焼き器を買ってこなくては!

大阪時代、チームにはいろんな地域から来た人が集まってるから、たこ焼きの作り方とかよく聞かれるんです。そこで“塩ちょぼ”めっちゃ推してて。結構、みんな美味かった!ってハマってくれるんですよ〜。そして、この取材でついに“塩ちょぼ”が日の目を見ます!!

くらしマップ独占スクープ!?あ、ありがとうございます!!……そうと決まれば、細かい確認ですが、塩ちょぼの“ちょぼ”はカタカナ?ひらがな?

え!?ひらがなかカタカナか!?それは考えたことなかったな〜(笑)……(しばし熟考)ひらがな。ひらがなのほうが愛らしい(笑)

愛らしい(笑)。セレッソ大阪で人気の“塩ちょぼ”、ぜひ鹿児島でも広めてください!……そうだ、たこ焼きといえば、中央ビル地下にあるオフィシャルカフェ〈ユナはん〉はたこ焼き屋さんじゃないですか!!

そうなんすか!!じゃあ、そこで僕と〈ユナはん〉の共同企画とかやってもいいんですかね!?

ですね!!いつか〈ユナはん〉で“塩ちょぼ”が食べられるかも!!……ん?なんですか?(ごにょごにょ)……あー……。あのー、今広報の方からいただきました情報によると、〈ユナはん〉で“塩マヨ”やってるそうです……。

やってる!?!?

読者の方には、“塩マヨ”を食べて、酒本選手おすすめの“塩ちょぼ”もこんな味なんだろうな〜と想像していただく、ということで(笑)

うわー恥ずかしい〜。誇らしげに“塩ちょぼ”ドヤっておいて、まさかのオフィシャルでやってます……。

さすが“絶対すべらない話術を持っている”と評判の酒本選手!華麗にオチまでつけていただいて、本日はありがとうございました!

そんなこと誰が言うてるんすか〜怖いわ〜(笑)。
次回のホーム戦(VSヴァンフォーレ甲府)は、3/9(土)14:00〜、白波スタジアム(鹿児島県立鴨池陸上競技場)にてキックオフ!ぜひスタジアムに見に来てくださいね!

酒本 憲幸選手のサイン入りTシャツを、なんと!くらしマップ会員1名様にプレゼント致します!下記の応募フォームよりご応募いただけますので、皆さんふるってご応募ください!

>>プレゼント応募フォームはこちらから<<

※プレゼントの応募受付は2019/3/12(火)正午で終了しました。たくさんのご応募、誠にありがとうございました。

 

70年の歴史を誇るお好み焼き&焼きそばの名店

今回酒本選手をおもてなしさせていただいたお店は、〈お好み焼き・焼きそば 加茂川〉。天文館の裏通りのさらに奥、隠れるようにひっそりと構えるお店は昼夜を問わずお客さんでいっぱい。3代目が創業70年を迎える老舗の味を受け継いでいます

〈加茂川〉といえばこれ!黒毛和牛のスライスや海鮮を贅沢に使った“加茂川焼き(1,397円)”も、昔から変わらない一品。美味しさの秘密は、国産の鶏ガラから4〜5時間かけてとった出汁。生地に水は一切使わず、出汁100%で仕上げています。また、山芋を使わないのも特徴で、空気を入れるように混ぜることでふんわりした生地に。この混ぜ方こそが〈加茂川〉秘伝の技術なのだそう!

“焼きそば(756円)”も、創業当初から変わらず人気の一品。かつては焼きそばのほうが有名だったそうで、「昔から通ってくださる年配の方には、焼きそば一筋、という方も多いですよ」と店主の大迫さん。こちらのお店でしか使われていないという“ストレートの蒸し麺”も創業当初からのこだわりです。夜は3代目が始めた鉄板焼きも人気。鉄板焼きとお酒を楽しみ、お好み焼きや焼きそばでシメる、というサラリーマンが急増中だとか!

お好み焼き・焼きそば 加茂川

住所
鹿児島市東千石町2-18
Tel
099-811-5394
営業時間
11:30~L.O13:45、17:30〜L.O22:00
店休日
月曜(ランチタイムのみ火曜も定休)
主なメニュー
加茂川焼き1,397円、焼きそば756円、国産牛のホルモン鉄板995円

※掲載内容は記事公開時点の情報です。最新の店舗情報等につきましては直接店舗までお問い合わせください。

ランキング

  1. 1位
  2. 2位
  3. 3位
  4. 4位
  5. 5位

注目キーワード

アーカイブ