このページの先頭です

  • ホーム
  • 特集
  • パンダ焼酎にコラボぶどう酒。蔵の未来を描く女性社長│さつま町〈軸屋酒造〉

己の仕事に一直線。鹿児島で活躍するプロフェッショナル

たとえば、地域住民の生活に欠かせない店、鹿児島から全国・世界へ発信するアトリエ。愛されるモノづくりやサービスには、妥協することなく“仕事”と向き合うプロフェッショナルがいます。そんなプロの横顔を、少しだけ覗いてみませんか。

 

明治43年創業。世紀を越えて愛される“紫尾の露”の焼酎蔵へ

さつま町・紫尾山の麓。鮮やかな緑が生い茂る田園にひっそりと構える一軒の焼酎蔵〈軸屋酒造〉。1910年(明治43年)創業、芋焼酎“紫尾の露”で知られる老舗焼酎蔵です。その一角、重厚な木造建築が美しい〈権之助甕蔵〉を訪ねました。

迎えてくれたのは、笑顔が素敵な四代目蔵元・軸屋麻衣子さん。109年の歴史を有する蔵を率いる女性社長です。東京農業大学の醸造学科を卒業後、渡米。証券会社などに勤務しながらニューヨークで7年間を過ごします。「2004年、父である三代目・新太郎が〈権之助甕蔵〉をスタートさせたのを期に帰国し、焼酎造りの道に入りました」

〈権之助甕蔵〉では、数ある銘柄の中でも甕仕込みにこだわった焼酎を造っています。機械化が進んだとはいえ体力勝負の焼酎造りは、まだまだ女性には厳しい世界。とはいえ、「焼酎造りは子どもの頃から見ていましたし、いつかは蔵を継ぐ覚悟もありました。不安はありませんでしたよ」と麻衣子さん。

三代目に仕込みを教わりながら、麻衣子さんはすぐに「新しい試み」にチャレンジします。創業以来の代表銘柄・芋焼酎“紫尾の露”をはじめ、白麹一筋だった蔵で、初めて黒麹の焼酎を造ります。「この新しい蔵で作るのも、黒麹も、そして私が焼酎を造るのも初めて。初めてづくしのチャレンジでした」

「もちろん“紫尾の露”の味は守っていきますが、それだけではなく、父に教わったことを、どう改良していったらいいのかな、という次のステップを常に考えていました」。人気グルメ漫画でも取り上げられるなど、数少ない女性杜氏としてメディアの注目を浴びながら「蔵として挑戦、発信していかなくては」「毎年一つ、新しいことを」と、新しい焼酎も数多く生み出しています。

左から、“紫尾の露 1800ml 1,800円(税別)”、“紫尾の露 颯 1800ml 2,000円(税別)”

 

中でも象徴的なのが、写真右の“紫尾の露 颯(そう)”。若者の焼酎離れも憂慮しつつ、「夏酒」をコンセプトに、度数は20度と低め。ロックや「ちょい水」で爽やかに楽しめる焼酎です。焼酎原料の定番・黄金千貫ではなく、安納芋と紅さつまを使用してまろやかで清涼感のある口当たりに。

「実は、“颯”の名は、息子の名前から一文字取ったんです。息子に残せる焼酎を一つ造りたくて」。109年前に生まれた“紫尾の露”から、未来へつなぐ“紫尾の露 颯”へ。変わらない味を守りながら進化していく蔵の姿勢を感じます。

 

遠く青森の町とも!コラボをきっかけに新たな取り組み

左から、“赤紫蘇リキュール 月の都 720ml 1,400円(税別)”、“葡萄のお酒 フィレール 720ml 2,000円(税込)”、“Sweet Plum 720ml 1,315円(税別)”

 

「コラボレーションにも力を入れているんですよ。地元・さつま町にはいいものがたくさんあるんです。地域と一緒に伸びていきたいという思いもあって、さつま町産の赤しそ南高梅(薩摩西郷梅)と“紫尾の露”でコラボしたお酒も造っています」

そのきっかけになったのが、青森・鶴田町(つるたまち)とコラボした“葡萄のお酒 フィレール”。特産のスチューベンぶどうを焼酎にとの依頼でしたが、実際にぶどうやジュースを味わってみると「とっても甘くて色も鮮やか!ぶどうを蒸留して焼酎にするよりも、果実味を生かし焼酎と合わせるぶどう酒のほうがいいなと」。そのために、新たにリキュール免許を取得したというから妥協のなさに驚きです。

「どうぞ、飲んでみてください」と注いでくれたその味は……まるでフルボディのワインのように、ぶどうの濃厚な果実味が弾けます。そこへ“紫尾の露”ならではのまろやかな風味が追いかけてきて、ぶどうの甘さが一段とふくよかに。決して角が立たず、ぶどうの香りと甘さを引き立てます。

「悩んだのは、どんなふうに芋焼酎と合わせるかというところ。アルコール度数を14度にするために、例えば25度に加水した焼酎と合わせるのか、43度ほどの原酒と合わせるのかで、味がまったく違うんです」。いくつも試した結果、ぶどうのピュアな果実味を感じさせる味わいが実現したのだそう。焼酎はもちろん、酒造りはこうした試行錯誤の連続なのだとか。

 

パンダと鰹節のコラボ!?枕崎の鰹節工場と商品開発

左から、“Gonsuke 25度 720ml 1,320円(税込)”、“Gonsuke 鰹ベーコン(胡椒・ハーブ)各300円(税別)”

 

「最新のコラボは、枕崎で鰹節を製造しているマルニフーズさんと造った“Gonsuke 鰹ベーコン”です。薩摩半島の北と南のコラボですね」軸屋酒造の甕仕込み芋焼酎“Gonsuke 25度”を使用しているそうですが……まずはキュートなパッケージが気になります。芋焼酎でなぜパンダ!?

焼酎もSNS映えの時代かなと(笑)。“Gonsuke”は白麹と黒麹、両方の良さを併せ持つ焼酎なので、それを表現できるラベルにしました。白と黒といえばパンダでしょう!(笑)」従来の焼酎のイメージを破るデザインやネーミングも麻衣子さんのチャレンジのひとつ。あまりのかわいさに、思わず手にとってしまいますね。

マルニフーズは、いまや全国でも数少ない伝統的な「手火山式」製法で鰹節(本枯節)を造り続けている鰹節工場です。鰹ベーコンも、“Gonsuke”とガーリック、オレガノなどのスパイスに漬け込んだあと、直火で燻す「手火山式」で燻製に

鰹の濃厚な旨みと香りが口いっぱいに広がり、焼酎の香りがふわ〜っと迫ってきたところで、“Gonsuke”のお湯割りをクイっと。鰹、燻製、“Gonsuke”の香り旨みの三重奏。焼酎のアテに最高です。

現在は若手の蔵子に杜氏を任せ、社長として“蔵を育てる”ことに注力しているという麻衣子さん。地元に根付く“紫尾の露”を守り育てていくことはもちろん、県外や海外にアピールできる焼酎造りも始めているそう。「うちの蔵の焼酎はやわらかい味に仕上がるのが特徴で、そこをみなさんに愛していただいているんですが、逆にもっと芋臭いガツンとした焼酎も造ってみたいですね。これは東京がターゲットかな」

“紫尾の露”が109年もの長きに渡り愛される一方で、常に先を見据えて挑戦を続ける――。麻衣子さんが発信する新しい焼酎を味わえる日が、今から楽しみです。

〈権之助甕蔵〉は、見学にも対応しています。予約制のため、必ず電話で問い合わせを!

 

“Gonsuke 鰹ベーコン”は、さつま町生産物直売所〈ひらかわ屋〉、鹿児島中央駅みやげ横丁内〈薩摩焼酎蔵〉他で販売中。お取り寄せは、軸屋酒造またはマルニフーズ(0993-72-6572)に直接お問い合わせください。

まずは抽選会に応募してみる!?
9月の「ログインポイント抽選会」で“Gonske 鰹ベーコン 2種セット”が当たるかも!?

軸屋酒造(株)権之助甕蔵

住所
薩摩郡さつま町平川1427番地
Tel
0996-54-2507
営業時間
9:00~16:00
定休日
日曜・祝日
蔵見学
見学無料(予約制)

※掲載内容は記事公開時点の情報です。最新の店舗情報等につきましては直接店舗までお問い合わせください。

ランキング

  1. 1位
  2. 2位
  3. 3位
  4. 4位
  5. 5位

注目キーワード

アーカイブ