このページの先頭です

  • ホーム
  • 特集
  • 【食べ頃いただきタイムズ第7回】首折れじゃない!熟成サバの脂と旨み!

いま食べなきゃいつ食べる!旬の食材、期間限定メニューをスクープ!

春夏秋冬、季節が巡る日本。ここ鹿児島にも、その季節しか食べられない、その時期にこそ食べたい逸品があります。そんな“ネタ”の匂いを嗅ぎ分けて、ジャストなタイミングでスッパ抜く!今回も、美味しいニュース、お届けします。

 

鹿児島中央駅から徒歩数分。屋久島食材を味わう名店

10月。秋の深まりを感じる今日このごろ。柿や栗などの果物に、茄子、かぼちゃ、さつまいもなどの野菜、様々な食材が旬を迎える中で、今回注目したのは屋久島の味覚!

やってきたのは、鹿児島中央駅にほど近い西銀座通りにひっそり佇む〈屋久乃庵 梅吉〉。カウンターにテーブル席が2つ。こじんまりとした店構えながら、常連や、評判を聞きつけた人々で平日・週末問わず賑わっているお店です。

 

屋久島から直送される魚介に舌づつみ

店主の平田さんは屋久島出身で、島の魅力を広めたいと〈梅吉〉を開店。今年で12年目になります。「屋久島で秋といえば、やはりサバ、そしてとび魚ですね」。おぉ!美味と名高い屋久サバですね。これは楽しみ!

屋久島で魚屋を営む友人から直送してもらうという魚介。「本当は、その日の朝に水揚げされる首折れサバを用意したかったんですが、今日は仕入れがなく…代わりにひと晩熟成させたサバをお出ししますね」。熟成屋久サバ!?それはそれでソソります!

 

柔らかく、旨みを増したサバに驚き!

まず1品目は“お刺身盛り合わせ(1人前880円)※写真は2人前”です!サバ、トビウオ、サンマ、秋太郎、タカエビ、金目鯛、アラ、イカの8種類が贅沢に盛られていますが…

狙うは当然、熟成屋久サバ!んんっ、とても柔らかな食感!そして、じゅわっと口に広がる脂とともにやってくる怒涛の旨み!めちゃめちゃたまら〜ん!これが熟成の効果なんですね!

 

プリプリ食感と甘い香りに癒やされるつきあげ

2品目は、こちらも今が旬のとび魚を使った“屋久島とび魚のつきあげ(550円)”揚げたてはフルフルと揺れる豆腐のような柔らかさ!わさび醤油につけて食べるのが〈梅吉〉流です。

これはっ…!サバの刺身とは打って変わってプリップリ!噛むたび心地よい弾力です!とび魚のすり身には癖がなく、練り込まれた卵、酒の醸す甘〜〜い香りとも見事にマッチしています!これは焼酎が進みそう!今回のネタも、一面確定ーーーーー!!

〈梅吉〉でこだわっているのは屋久島の食材だけではありません。鹿児島県内の魚介や、平田さん自身で農家に話を聞き仕入れている野菜など、厳選した食材でつくる和食が楽しめます。日本の秋をちょっと贅沢に味わいたいなら、覚えていて損のない1軒ですよ!

屋久乃庵 梅吉

住所
鹿児島市中央町3-2 進ビル1F
Tel
099-206-6824
営業時間
18:00~24:00
定休日
月曜
主なメニュー
芝えびとさつま芋のかき揚げ780円、桜姫鶏の唐揚げ780円、梅吉串カツ盛980円

※掲載内容は記事公開時点の情報です。最新の店舗情報等につきましては直接店舗までお問い合わせください。

ランキング

  1. 1位
  2. 2位
  3. 3位
  4. 4位
  5. 5位

注目キーワード

アーカイブ