このページの先頭です

  • ホーム
  • 特集
  • 【食べ頃いただきタイムズ・第1回】プリプリ、ツルン!まろやか牡蠣の旨味の波に溺れる〜!

いま食べなきゃいつ食べる!旬の食材、期間限定メニューをスクープ!

春夏秋冬、季節が巡る日本。ここ鹿児島にも、その季節しか食べられない、その時期にこそ食べたい逸品があります。そんな“ネタ”の匂いを嗅ぎ分けて、ジャストなタイミングでスッパ抜く!今回も、美味しいニュース、お届けします。

この時期、最高に美味しい牡蠣を求めて

霧島市国分、川沿いの静かな場所にある〈かき小屋 匠ちゃん〉にやってきました!今回のネタは、そう、牡蠣!牡蠣を食べるなら、身が大きく太る冬季を逃す手はありません!

店内に入ってまず目についたのは、入口付近に飾られたサイン!鹿児島の民放各局のアナウンサーやスポーツ選手、芸能人のサインがズラリ。これは期待値あがります!

自慢の牡蠣を手に、店主の田中匠一郎さんが出迎えてくれました。何を隠そう、田中さんはオイスターマイスターの資格を持つ牡蠣のスペシャリスト!「安心安全に、生でも食べられる牡蠣を味わってほしい」というのが資格取得のキッカケ。かき小屋は全国にたくさんありますが、生牡蠣が食べられるところは少ないのだそう。

人名で選ぶ!?厳選牡蠣の食べ放題!

1番はやっぱり焼牡蠣食べ放題」と田中さんがメニューを見せてくれました。ん?鎌島さん阿部さん山田さん、食べ放題!?これは一体。「あぁ、それは生産者の名前ですよ(笑)」なんと!田中さんは自ら産地に足を運び、環境や生産方法などを確認してから仕入れているんだとか!

兵庫県赤穂の鎌島さんに、同じ九州の長崎県五島列島の山田さん。散々迷って、今回は「まろやかさと、後からガツンとくる甘み」が特徴という宮城県東松島の生産者・阿部さんの牡蠣をチョイス!
(写真は“阿部さん60分間食べ放題 3,980円”の中の生牡蠣※2人前)

プリプリ、ツルン!とろける海のミルクを堪能

ではさっそく、阿部さんの牡蠣、焼きます!ちょうど居合わせた常連さんに聞いたところ、焼き加減は炭火にかけて3分位が目安。貝の隙間から湯気が上がり、パカっと開いたら食べごろだそう。

キタキター!「完全に火を通さず、半生くらいがベストですよ!」と常連さんからアドバイスが飛んできます。これは、生でも食べられる〈匠ちゃん〉ならではの食べ方ですね。

どーですかこのプリプリ感!ツルンと口の中に入ってきて、あっという間にとろけてなくなってしまいました!自然の塩気と、牡蠣の濃厚な風味を余韻に残して

臭みがまったくなく、まさにミルクのようなまろやかさ。田中さんの言うとおり甘さもしっかりあって、コレ、何個でも食べられますよ!ちなみに常連さんは2人で42食べたこともあるんだとか!この美味しさなら頷ける数字です。今回のネタ1面確定ー!

夏場はビアガーデンに!岩牡蠣&焼肉の宴

ふぅ~美味しかった!この美味しさは、冬季限定の楽しみなんですよねぇ。少し落ち込んでいると、「夏には岩牡蠣が旬を迎えますよ!」と田中さん。おぉ~それも魅力!夏場は、焼肉や一品料理と合わせてビアガーデンとして営業するそうなので、家族やグループで楽しむのも良さそうですね!

かき小屋 匠ちゃん

住所
霧島市国分川内513-1
Tel
0995-73-8879
営業時間
11:00~15:00(L.O 14:00)、17:00〜22:00(L.O 21:00)
定休日
不定休
主なメニュー
匠ちゃんコース3,500円、焼牡蠣定食1,500円、焼き肉定食907円、牡蠣チャンポン1,277円

※掲載内容は記事公開時点の情報です。最新の店舗情報等につきましては直接店舗までお問い合わせください。

ランキング

  1. 1位
  2. 2位
  3. 3位
  4. 4位
  5. 5位

注目キーワード

アーカイブ