このページの先頭です

  • ホーム
  • 特集
  • 老舗呉服店がカフェに。“三代目”が淹れるエイジングコーヒー│川辺〈M KAFFEE〉

知れば知るほど奥深い鹿児島コーヒーワールド

ひと口にコーヒーショップと言っても、オーナーによってその特徴は千差万別。豆の選び方、焙煎の仕方、淹れ方などの要素が繊細に組み合わされ、カップへ注がれているのです。この特集では、鹿児島の各地で“美味しい1杯”に情熱を燃やすコーヒーショップをご紹介。お気に入りの1軒、見つけませんか?

 

川辺の老舗呉服店がスタイリッシュなカフェに

鹿児島市から車で約50分。ゆったりとした時間が流れる川辺商店街の入り口に突然現れる、スタイリッシュなカフェ〈M KAFFEE〉。2018年3月にオープンした、川辺のニュースポットです。

屋号の〈M KAFFEE〉は〈ドリットコーヒー〉と読みますドリットとは、ドイツ語で「三代目」の意味。由来はオーナーの三原茂裕さん、その人。実は、この場所で90年営んでいた老舗〈三原呉服店〉の三代目なんです。

「子どもの頃は賑やかだった商店街も、今では人が少なく、閉まったままの店も多いんです」と三原さん。この場所をカフェにすることは、呉服店を閉店後、周囲の「寂しくなるね」という声をきっかけに決めました。「新しく始めるなら何がいいのか。この場所から地域貢献できたらと」

コーヒー文化のなかった街に新しくできたカフェ。地域の人が集まる場にもなり、今では洒落たカウンターでジュースを飲みながらゲームに興じる小学生もいるほど。一方で週末ともなれば、この店を目当てに遠方から川辺に訪れる人で賑わいます。

 

コーヒー嫌いも虜にする“エイジングコーヒー”

三原さんが淹れるコーヒーは、生豆のまま3年熟成させてから焙煎する“エイジングコーヒー”「実は、私もともとはコーヒーが苦手だったんですよ」。しかし学生時代にアルバイトをしていた当時福岡で最先端のカフェでこのコーヒーに出会い、「めっちゃうまい!」とすっかりエイジングコーヒーの虜に。

「まさか自分がカフェをやることになるとは夢にも思わなかった」という三原さん。開業を決めてからは月1回1年間福岡に通い、当時のオーナーから最先端のカフェ事情とコーヒーの抽出を学んだそう。かつて自分が魅せられた“エイジングコーヒー”を川辺で伝えます。

“ネルドリップコーヒー ホット 450円(税込)”酸味は感じないのに爽やかで、すっと喉を通るまろやかさ。それでいて芳醇な香りとコーヒーのコクが楽しめる一杯です。「熟成でまろやかさが増し、うま味が凝縮されるのはワインと同じですね」と三原さん。

さらに〈M KAFFEE〉にはもう一つの人気メニューが。それがエスプレッソ……ではなく、エスプレッソで作る“エスプレッソ アフォガートスムージー 700円(税込)”。ふんわりクリーミーなバニラシェイクとエスプレッソがマッチして、“ほろ苦”と“ほろ甘”がダブルで楽しめる大人なスムージーに。

スムージーは、トロピカルなテイストの“パインヨーグルトスムージー 700円(税込/季節限定)”など4種類。SNS人気も相まって「女性のお客様に限れば、コーヒーより人気かもしれません(笑)」。

コーヒーもスムージーもテイクアウトOKなので、ドライブの途中に立ち寄るにもぴったりですね。「手作りのキャンドル屋さんなど、面白いお店もあるんですよ」という三原さんおすすめの川辺スポットを巡るのも一興です。

ところで、気になるのはやはり店名の〈M〉。ロゴマークも印象的ですが、なぜ〈M〉を〈ドリット〉と読むのでしょう?

Mは三原(Mihara)のMでもあるし、90度回転させると“3”になる。そこであえて〈M〉を〈ドリット(三代目)〉と読ませる店名にしたんです」と三原さん。「それとは別に、子どもの頃から何でも“3”が好きだったんですよ。少年野球でも4番より3番、もちろん背番号も3(笑)」。

この看板も、下地にはうっすら呉服店時代の〈Mihara〉の文字が。お店と家族の歴史から、幼少期の思い出まで。様々な意味が込められた店名には、この場所で生まれ育った三原さんの物語がありました。

M KAFFEE(ドリットコーヒー)

住所
南九州市川辺町平山6616
営業時間
11:00〜19:00
定休日
木曜
主なメニュー
ネルドリップコーヒー 450円、スムージー700円、コーヒー豆100g 800円(すべて税込)
※問い合わせはメール(drittekaffee@gmail.com)またはInstagram(@drittekaffee)DMにて

※掲載内容は記事公開時点の情報です。最新の店舗情報等につきましては直接店舗までお問い合わせください。

ランキング

  1. 1位
  2. 2位
  3. 3位
  4. 4位
  5. 5位

注目キーワード

アーカイブ