このページの先頭です

  • ホーム
  • 特集
  • 内緒にしたい!大人の女性を魅了する和みのカフェ空間│大峯団地〈ぼちぼち〉

知れば知るほど奥深い鹿児島コーヒーワールド

ひと口にコーヒーショップと言っても、オーナーによってその特徴は千差万別。豆の選び方、焙煎の仕方、淹れ方などの要素が繊細に組み合わされ、カップへ注がれているのです。この特集では、鹿児島の各地で“美味しい1杯”に情熱を燃やすコーヒーショップをご紹介。お気に入りの1軒、見つけませんか?

 

細部まで計算され尽くした和モダンなカフェ空間

鹿児島市街地から車を走らせること20分。流通団地の工業地帯を抜けると目指すお店が現れます。大峯団地の一角にひっそりと構える、まるで古民家のような趣ある住宅。その1階が〈自家焙煎珈琲 ぼちぼち〉です。

「ぼちぼちいきましょう」とゆったり語りかけてくれるエントランス。扉を開ける前から、肩の力がスッと抜けていくようです。

自宅を開放しているのではなく、念願のカフェをオープンするために住宅を建築したため、すべてが計算された美しさ。初夏には新緑、秋は紅葉が美しい街路樹に面したガラス張りの設計はもちろん、テーブルや椅子、古いガラスを嵌め込んだ照明器具にいたるまで、すべてが大工さんによる手作り。

その一角には、焙煎室も。オーナーの米盛さんは、永吉町の〈可否館〉で働きながら、焙煎・抽出を学んだそう。天候や豆の状態に合わせて火の強さを加減しながら、焙煎機に向き合います。

それにしても米盛さんが珈琲を抽出する光景の、絵になること!

器は好みのものを一つひとつ買い集め、フィルターを固定する重りは、友人の工房にオーダーしたというオリジナル。コーヒー豆を一時保存しているのは京都・開化堂の茶筒。使っている道具の一つひとつに米盛さんのセンスが反映され、〈ぼちぼち〉を形作っています。

 

コーヒーと甘味とともに、友人と語らいのひと時を

ブレンドコーヒー 550円(税込)のほか、産地別ストレートが5種類 600円〜(税込)。おすすめを伺うと「今日は“エチオピア”が飲み頃ですよ」。焙煎したてよりも2〜3日後が味は落ち着いてくるのだそう。抽出は「粉の膨らみ具合など細かな条件に合わせて調整しやすい」というネルドリップで。

産地別ストレートから、“エチオピア 600円(税込)”。花のような香りをともなう、マイルドな味わい。尖った苦味はなく、まろやかに喉をつたいます。

数あるサイドメニューの中でもファンが多いというあんみつは、国産の天然寒天の歯ざわりも心地良い“和(なごみ)あんみつ 700円(税込/写真右)”“珈琲あんみつ 700円(税込/写真左)”の2種類。

濃い目に抽出したアイスコーヒー用ブレンドで作ったコーヒーゼリーに、黒蜜をたっぷりかけて。キレのいい苦味と奥深い甘さが絡み合って、ひと口で虜になること間違いなし!バニラアイスに小豆、黒豆、和栗と渋皮煮といったトッピングも相まって、これぞ大人のデザートです。

ギャラリースペースでは、米盛さんが工房まで直接足を運び、口説き落としてきたという県内外の作家の個展も。コーヒーと甘味を楽しみながら友人と語らうもよし、気ままなひとり時間で自分を甘やかしてあげるもよし。大人の女性にこそ訪れてほしい隠れ家です。

自家焙煎珈琲 ぼちぼち

住所
鹿児島市西別府町2794-80
Tel
099-802-2229
営業時間
11:00〜19:00(L.O18:00)
定休日
水曜(木曜不定休)
主なメニュー
コーヒー 550円〜、スイーツ 450円〜、トースト類 350円〜(すべて税込)

※掲載内容は記事公開時点の情報です。最新の店舗情報等につきましては直接店舗までお問い合わせください。

ランキング

  1. 1位
  2. 2位
  3. 3位
  4. 4位
  5. 5位

注目キーワード

アーカイブ