このページの先頭です

  • ホーム
  • 特集
  • コーヒー好きなら一度は訪れたい!指折りの“理論派”コーヒー店

知れば知るほど奥深い鹿児島コーヒーワールド

ひと口にコーヒーショップと言っても、オーナーによってその特徴は千差万別。豆の選び方、焙煎の仕方、淹れ方などの要素が繊細に組み合わされ、カップへ注がれているのです。この特集では、鹿児島の各地で“美味しい1杯”に情熱を燃やすコーヒーショップをご紹介。お気に入りの1軒、見つけませんか?

 

全国のコーヒー店主が教えを請う“マリアッチ理論”!?

鹿児島中央駅西口から城西通りを田上方面へ。真っ白な外観に個性的なファサードが目を引くこちらの建物が〈珈琲専門店 自家焙煎 マリアッチ〉。1981年に店主の地元である串木野にて開業し、1991年に現在の場所に移転しました。

“香り高き珈琲をどうぞ”と気の利いたプレートを横目に中へ。ストーブが焚かれた温かい空間に広がるのは、豆を挽いたばかりのほろ苦い香り。ほっと心が緩みます。

笑顔で迎えてくれたのは、店主の安藤和義さん。実は全国でも指折りの理論派のコーヒー店主です。元々は珈琲豆も運ぶ船の船乗り。下っ端の頃は先輩のために美味しい珈琲を淹れるのも仕事だったそう。「なかなか美味しく淹れられないんですが、先輩の姿を見て“理論的に考えて淹れたら珈琲は美味しくなる”と気付いたんです」。

帰国後、コーヒー店勤務を経て、コーヒー豆を扱う国内有数の企業へ。当時の鹿児島のコーヒー店の焙煎を一手に手がけたといっても過言ではないそう。そこで生豆の知識と焙煎技術に徹底的に磨きをかけ、さらにコーヒーの世界へとのめり込んでいきます。

〈マリアッチ〉をオープンさせてからは、全国のコーヒー名人のもとで学び、その技術や理論を集約。日本のコーヒーの歴史とも言えるその土台に、さらに独自の研究を積み上げていきます。「それまでのコーヒーはイメージ先行の“物語”だった。僕は生豆の鑑定から粉砕・焙煎・抽出まで、“理論”としてまとめ上げたんです」。“マリアッチ理論”は広く認められ、本も出版。今では国内外の喫茶店経営者が安藤さんのもとに勉強に訪れるほど!

 

豆のことを考え抜いたコーヒーの豊かな余韻

実は、焙煎機もこれまでの試行錯誤が詰まったオリジナル!勘に頼らず豆の焙煎状態を見極めることができるよう改造しているそう。「釜の熱を逃し豆を熱でこするように焙煎すると香りが出る。釜を締め切って豆に全方向から圧をかけるとコクが出る。豆の個性だけでなく焙煎の仕方でも味をコントロールできる。これも僕が発見した理論です」

抽出では、手縫いで作ったネルフィルターの中心に、お湯をゆっくりと。「お湯を真ん中にまっすぐ落として豆を下から濡らすと、よく膨らむんですよ」。ポットはしっかり固定して、動かすのはフィルターを持つ左手。「左手主体で淹れるとおいしく甘くなる」。取材中にも抽出のコツをいくつもレクチャーしてくださいました。

これが〈マリアッチ〉オススメの一杯、“ほろにがまいるど(500円)”。その名の通り、ほどよい苦味もあるマイルドなハウスブレンドで、豆の状態をひとつひとつ確認しながら丁寧に配合し焙煎する中深焙り珈琲。口に含むと嫌味のない苦味がふ〜んわり広がり、いつまでも香りの余韻を楽しみたくなる一杯です。

一緒に頂いたのは〈マリアッチ〉唯一のサイドメニューである“バタートースト(300円)”。「普通のトースト」とのことですが、基本には忠実に、丁寧に調理することで格段に美味しくなるのは、コーヒーもトーストも同じなんですね。

メニューは他にもブレンド7種類、ストレートコーヒー8種類が揃い、豆・粉も販売しています。「僕が先輩から受け継いだように、僕のコーヒー理論を若い人にも伝えたい」と安藤さん。彼とのディープなコーヒー談義は、コーヒー好きにはたまらない時間となりそうです。

珈琲専門店 自家焙煎 マリアッチ

住所
鹿児島市武3-7-8
Tel
099-259-5180
営業時間
11:00~19:00
定休日
火曜
主なメニュー
ブレンドコーヒー500円〜、ストレートコーヒー600円〜、アイスコーヒー500円

※掲載内容は記事公開時点の情報です。最新の店舗情報等につきましては直接店舗までお問い合わせください。

ランキング

  1. 1位
  2. 2位
  3. 3位
  4. 4位
  5. 5位

注目キーワード

アーカイブ