このページの先頭です

  • ホーム
  • 特集
  • 鹿児島ラーメン王⑤予習号|前回出場18店分の超美味ラーメンを総復習!!

次回〈ラーメン王〉まで3カ月のタイミングで、前大会をまるっと総復習しておこう特集〜〜!


鹿児島の全ラーメン好きが注目する一大イベント〈鹿児島ラーメン王決定戦〉!第5回大会の開催が、2019年2月15日(金)〜17日(日)に大決定しました〜!出場する18店舗が、己の技とアイデアとプライドをぶつけ合い、しのぎを削るラーメン王。前大会も大いに盛り上がりましたよね!
そこで今回は、前大会に出場したラーメン店をイッキに総復習!この中から、今年は何店舗が出場するのか?各店の特徴を振り返りましょう!


1軒目:らーめん食堂 元斗好軒

包み込むように雄大で、いつも近くにあるかのようにあたたかい。そんな桜島の温もりが形になったようなラーメン。〈らーめん食堂 元斗好軒〉のラーメンを食べると、いつも胸の奥がホカホカと温もります。

スープは脂っ気がほぼなく、国産の豚骨と鶏ガラを1:1の分量によって合わせた出汁による旨味、風味がしみじみと沁みます。元ダレによって表現された甘めの味付けに鹿児島らしさを感じます。麺は懇意にしている地元の製麺所から仕入れた中太ストレート。それをワシワシとかき込む。それが似合う日常の一杯です。

 

第4回大会・渾身の一杯はこちら!

“出汁の旨みのかごしま黒豚しゃぶ肉らーめん”
前回のラーメンは、定番の角切りチャーシューを3つの部位の黒豚しゃぶに変えてエントリー。肉は「かごしま黒豚販売指定店」から直接仕入れており、旨さと品質は折り紙付き!麺は浜田製麺所の特注麺昆布とアジの煮干しからとったダシに、豚・鶏・野菜のスープをブレンドし、口に含むと、ほれぼれするほどの旨みが舌に広がりました!

らーめん食堂 元斗好軒

住所
鹿児島市山下町8-6
Tel
099-227-5705
営業時間
11:00〜16:30
定休日
日曜
その他
席数 10
駐車場 なし(近隣パーキング利用で100円キャッシュバックあり)
※2018年1月時点のデータです。

※掲載内容は記事公開時点の情報です。最新の店舗情報等につきましては直接店舗までお問い合わせください。

2軒目:麺屋トラノコ

ご両親が郷里・鹿児島に戻ったのを機に、名古屋生まれの店主が思いがけず霧島市で開業することになったという〈麺屋トラノコ〉。地元客を中心に、鹿児島市内からもお客が訪れるといいます。

鹿児島では珍しい、煮干しを効かせた“煮干中華そば”。大羽、中羽、小羽の煮干しをブレンドして抽出した魚介系の出汁と豚骨出汁によるWスープ仕立て。最大の特徴である煮干しの出汁は、特有のクセを抑え、馴染みのない人にも喜んでもらえるギリギリのラインを攻めています。

 

第4回大会・渾身の一杯はこちら!

“煮干し中華そば〜Special ver.〜”
第4回大会では、看板メニューの“煮干し中華そば”を、もっちりプリプリ海老ワンタントロリ豚しっとり鶏のチャーシューでバージョンアップ!重厚で柔和なスープは、煮干し・豚・鶏ダシが融和していて、煮干しの旨み、とろみ、程よいほろ苦さと香ばしさも。多彩な食感で飽きさせず、満足感も高い一杯に仕上がっていました!

麺屋トラノコ

住所
霧島市国分福島3-6-6
Tel
0995-47-6659
営業時間
11:00〜14:30(L.O)、17:30〜21:30(L.O)
定休日
火曜
その他
席数 20
駐車場 あり
※2018年1月時点のデータです。

※掲載内容は記事公開時点の情報です。最新の店舗情報等につきましては直接店舗までお問い合わせください。

3軒目:麺食堂 TaRa

〈食堂〉の名の通り近隣のサラリーマンや家族連れで賑わう店内。スープごとに合う自家製麺を独学で作り上げ、高いセンスと確かな味覚によって完成したラーメンは、それぞれに熱烈なファンがいるそう。

“中華SOBA”のスープは吸い込まれそうな琥珀色。むっちりと力強い中太の手もみちぢれ麺と、レアチャーシューにより、現代的解釈がもたらされた一杯に仕上がっています。

 

第4回大会・渾身の一杯はこちら!

“ムカシナガラノチュウカソバ(改)〜LOVEな煮玉子を添えて〜”
低温真空調理でしっとり仕上げたレアチャーシュー角煮の、2種類の食感を楽しめるチャーシューがクセになる“ムカシナガラノチュウカソバ”で挑んだ前回大会。味の決め手は県産醤油とたまり醤油のブレンドダレ。良質なガラでとった風味豊かなスープに、コクとキレが宿っていました!

麺食堂 TaRa

住所
鹿児島市高麗町41-8
Tel
099-821-5450
営業時間
11:30〜14:30、18:00~20:00(夜の営業再開は未定)
定休日
月曜
その他
席数 32
駐車場 あり
※2018年1月時点のデータです。

※掲載内容は記事公開時点の情報です。最新の店舗情報等につきましては直接店舗までお問い合わせください。

4軒目:マルチョンラーメン 本店

1962年の創業以来、半世紀以上にわたり、地元っ子に愛されてきた老舗です。メニューはラーメンと大盛り、ご飯のみという生粋の専門店。朝7:00からの営業という鹿児島では珍しいスタイル。

初代が独学で辿り着いたマルチョンの味。豚骨100%による出汁なのにとても奥行きがあり、スーッと入ります。合わせる麺は自家製。ストレートの中太角麺で、スパッと歯切れ良く、ムチっと力強く、最後まで茹でのびもしません。

 

第4回大会・渾身の一杯はこちら!

“煮込みラーメン”
初代王者として渾身の一杯をアップデートしてみせた〈マルチョンラーメン〉。豚骨と水のみを炊き上げた自慢のスープと、防腐剤も卵も使用しない自家製麺はそのままに、キャベツと玉ネギの旨みをプラス。グツグツと煮込みラーメンに仕上げたことで、すべての食材が調和し、ぐっと旨みを増していました。冬の体にじんわり染み入る熱々のスープに癒やされましたね!

マルチョンラーメン 本店

住所
志布志市志布志町志布志2丁目8-17
Tel
099-472-0576
営業時間
7:00~17:00(土日祝は18:00まで)
定休日
木曜
その他
席数 58席
駐車場 あり
※2018年1月時点のデータです。

※掲載内容は記事公開時点の情報です。最新の店舗情報等につきましては直接店舗までお問い合わせください。

5軒目:ラーメン暖暮 天文館店

「九州ラーメン総選挙」で1位に輝き、海外へも羽ばたいている〈暖暮〉。博多生まれの〈暖暮〉の豚骨ラーメンは、白濁の豚骨スープ、そして細麺ストレートです。

豚骨の旨味を最大限に引きだしたスープに、途中でピリ辛の味噌ダレを混ぜると……やがてそのコクがスープ全体に行き渡り、食べ始めの頃とは別物のラーメンに姿を変えます。

 

第4回大会・渾身の一杯はこちら!

“ちかっぱうまからぁめん HKT”
博多ラーメンの雄が、ラーメン王のために“伸びにくい細麺”を開発して挑んだ前回大会。豚骨とアルカリ水を極強火で炊き出したスープは、キレのある旨さ。さらに、がっつりサイズの炙りチャーシューで食欲を刺激!明太子海苔博多アピールも忘れません。辛味だれ、紅しょうが、辛子高菜で自分好みにカスタマイズできるのも好評でした!

ラーメン暖暮 天文館店

住所
鹿児島市千日町7-2
Tel
099-223-7076
営業時間
11:30〜15:00(L.O14:30)18:00〜翌3:00(金土日・祝前日翌4:00)
定休日
不定休
その他
席数 16
駐車場 なし
※2018年1月時点のデータです。

※掲載内容は記事公開時点の情報です。最新の店舗情報等につきましては直接店舗までお問い合わせください。

6軒目:仏跳麺 ウォーターフロント店

「仏跳麺」といえば、昭和43年に創業し、現在、鹿児島県内に5店舗を展開する人気ラーメングループ。その躍進を支えるのが、弱火でじっくりと加熱し、旨味を抽出した“金色スープ”

スープには北海道産の昆布、ホタテの貝柱などの旨味も。さらに焦がしネギの風味、キャベツの甘みが溶け込み、味としてはしっかりしているのにクドさは皆無。スイスイと入ります。

 

第4回大会・渾身の一杯はこちら!

“濃厚クリーミー豚骨(一文字ver.)”
前回大会では、“鹿児島で最も濃い豚骨ラーメン”と称された傑作“文炎ラーメン”を、3日間限定復活させた〈仏跳麺〉。豚のパワーを最大限に引き出したスープは、上質なコクとキレがあり、余計な臭みは一切感じさせません。厚切りのとろりとした一文字チャーシューは、器からはみ出す圧巻の長さ。香ばしく炙ってあり旨みも倍増。「これぞ鹿児島豚骨の真骨頂」と麺通をうならせました!

仏跳麺 ウォーターフロント店

住所
鹿児島市泉町13-14
Tel
099-298-9611
営業時間
11:00~23:30(L.O 23:00)
定休日
1月1日
その他
席数 26
駐車場 あり
※2018年1月時点のデータです。

※掲載内容は記事公開時点の情報です。最新の店舗情報等につきましては直接店舗までお問い合わせください。

ランキング

  1. 1位
  2. 2位
  3. 3位
  4. 4位
  5. 5位

注目キーワード

アーカイブ